blogmano manoの日々のこと

指輪のこと

2023.02.10 Fri

悩みに悩んで納得の結婚指輪が完成

 
イメージと実際嵌めた印象は違う
 
 
ある程度デザインのイメージがあって来店されたお客様
 
来店前にお二人で色々調べてきたデザインはストレートタイプの指輪を選んでいたようで、mano manoのサンプルを見ながらイメージに近い指輪をピックアップして二人それぞれのデザインにすることは決定
 
それでもイメージしていたストレートの指輪より
実際見たV字のハーフエタニティーリングが気になり始め
 
オーナー「V字は指を長く見せてくれる形ですよね」
お客様「やっぱりそうですよね!この雰囲気いいです」
 
ピックアップしたサンプルをいろいろ指に嵌めながら確認したり
写真を撮って少し俯瞰で見てみたり
 
相談しながらデザインを決めていく二人はとても指輪作りを楽しんでいます
 
 
男性が決めたデザインは鏡面に仕上げた面とsukiwasiと名付けた柔らかな印象のテクスチャを加工した指輪
女性が選んだデザインはV字の指輪をベースにテクスチャを入れるか
ハーフエタニティーにするかを悩んでいたので
 
オーナーからの提案として
「mano manoのサンプルで4種類のV字が見れているので、希望のテクスチャでサンプルをお作りするのはどうでしょう?」
お客様
「キラキラとしたダイヤモンドダストが気になったのでそれをサンプルとして見てみたいです!」
 
 
サンプルを作ってフィティングへ
 
実際作ったサンプルがこちら!
 
左のダイヤモンドダスト加工をした指輪はキラキラと華やかさに丸みのあるV字のフォルムが可愛らしい印象
 
右側のsukiwasiと光沢を斜めに分けた二つの表情を楽しめるデザイン
 
フィティングに来店した二人はサンプルを見て
お客様
「イメージも出来るし、ダイヤモンドダストのテクスチャが想像していたより輝きが凄い」
「しかもちゃんと自分の指のサイズに作られているから、はめ心地も確認できるのはいいですね」
ここでお客様は悩みが増してダイヤモンドダストにするか?ハーフエタニティーにするか?
オーナー
「せっかくオーダーで指輪作りをするなら気に入ったデザインをじっくり悩んでください」
 
悩みに悩んで決まった二人だけの結婚指輪
 
二人の指輪はたくさん悩んだからこそ完成した素敵なデザイン
 
女性はV字にダイヤモンドをハーフエタニティーのデザイン
 
男性はストレートタイプの指輪で斜めに分けた2種類の仕上げで異なる表情のデザイン
 
楽しみに待っててくれたお二人の指輪が出来上がりのお知らせをしてご来店
 
お互いの指に嵌めた瞬間を記念撮影をして初めて二人の結婚指輪の完成となります
 
 
Happy marriage 
I wish you both happiness forever
※英語が苦手なオーナーなので間違ってたらごめんなさい
 
この記事をシェアする
twiiter はてなブックマーク pocket

Related articleこの記事のあとによく読まれている記事

二人だけのサンプルリングって結構重要!(好評のサービス)

二人共通の趣味をデザインに

婚約指輪に使うダイヤモンドの選び方! 品質基準の『4C』とは?

マリッジリングを選ぶポイント ~6~

婚約指輪のこと ~1~

マリッジリングを選ぶポイント ~7~

全ての記事一覧へ
go top