blogmano manoの日々のこと

お知らせ

2022.12.01 Thu

デザインで迷ったら?

 
色々試すのもあり
 
 
mano manoにあるサンプルを見た中で最終的に気になったのはこちらの指輪
 
山形になったトップの部分を平らな多面に揃えられたデザイン、ボリュームがありながらスタイリッシュな印象の指輪をお選びに
 
お客様「私の薬指には見せていただいた指輪より細い方が好きですね」
 
オーナー「ではサンプルは細めに作ってみますか?」
 
お客様「お願いしたいです」
   「あと多面の幅も変更できますか?」
 
オーナー「勿論できますよ」
    「それなら半々で多面の幅を変えて作ってみましょう!」
 
ベースのデザインは決まったものの、指輪の幅をもう少し細くするか悩んでいるのでサンプルは細くすることをアドバイスしていざ製作。
せっかくサンプルを作るから手元に無い幅で作って確認するのも一つの方法ですよ
それに合わせて多面の幅のバランスも気になったので、指輪1本に2パターンの幅もサンプルに入れることにしました。
 
見づらいと思いますが上の画像・右側の指輪には多面の幅を細くしたサンプルを作りフィッティングの際に確認してもらいます。
 
左側の指輪は実際の完成希望の幅よりも細く作り、こちらもフィティングの際に確認してもらいます。
 
サンプルフィティングは二人だけのために作っているからご自身にフィットしたサイズや嵌めたときのバランスも細部まで確認できます。
 
男性のお客様「指輪の幅はこのままで、多面の幅はやっぱり2パターン見れるのは良いですね、想像してたイメージが分かりやすくなりました」
 
オーナー「デザインを決定するのにシルバーのサンプルですけど、実物で確認できるのが良いですよね」
 
男性のお客様「多面の幅はやはり広い方でお願いしたいです」
 
オーナー「承知しました!」
 
女性のお客様「私はサンプルリングは細すぎた感じがします、初めに見ていた幅とサンプルの幅の中間くらいが良いですね」
「サンプルでイメージより細く作ったから私の思う理想の幅がわかりました!」
 
オーナー「無いものを作った方が悩みが解決することもありますね」
 
このように、少しでも不安があるような場合はサンプルで色々試してみるのもお悩みは払拭できると思います。
 
 
二色で二人のシークレット的な楽しさを表現
もう一つ二人が悩んだのがゴールドとプラチナの二色すること!
 
当初、女性がゴールドが好みで男性はプラチナが良いと言っていたので
 
オーナー「何なら、二色使ってみますか?」
 
お客様「えっ?出来るんですか??」
 
オーナー「内側と外側で二色にすると二人の好きを楽しめるかもしれませんよ」
 
お客様「それが良いです!だけど、派手にはしたく無いから幅を同じにして指に嵌めたら見えなくなるくらいが良いです!」
 
オーナー「それ面白いですね!二人だけで楽しめるシークレット的な」
    「ではそれで作っていきましょう!」
 
 
オーダーメイドだからできる指輪作り。幅やテクスチャの仕上げ方・ゴールドとプラチナの二色使い・指輪の内側に入れるメッセージも含めて、一生身に着ける結婚指輪だからこそ二人の想いを全て詰め込んだ素敵なデザインになりました。
 
 
埼玉の浦和にある小さな工房mano manoは1組ずつの予約制なので、ゆっくりとお話ししながら結婚指輪や婚約指輪の相談も勿論、結婚記念日や誕生日・出産祝いで作るベビーリングなどのアニバーサリーで贈るジュエリーも承っています。
 
男性一人でプロポーズに関するお悩みも気軽に相談にいただけますよ。
 
先ずは、mano mano公式LINEで友だち登録していただければ、来店せずご質問にお答えすることも可能です。
 
 
 
この記事をシェアする
twiiter はてなブックマーク pocket

Related articleこの記事のあとによく読まれている記事

婚約指輪のこと ~1~

アレンジで気軽にデザイン

ゴールデンウェークのご案内

お客様からの一言から始まった指輪作り体験!

ひっそりと本日オープン

母から子へ 

全ての記事一覧へ
go top