blogmano manoの日々のこと

日常

2022.05.21 Sat

こんな貴重なご依頼も

 
尊敬する文化
 
いろいろ仕事をしていく中で以前こんなご依頼がありました
 
さいたま市浦和区にあるカトリック北浦和教会イタリア出身の方(神父様)
(日本語めちゃめちゃ上手な方で助かりました)
 
 
長年使用している聖杯などを綺麗にしてほしいと
イタリアという国は修復文化がありその文化に憧れもあった私は
せっかくのご依頼をお受けすることになりました。
 
お預かりした品物の中には大正時代に製作された刻印もあり
約100年前の物を今でも大切に使用して、修復しながら当時の輝きを復活できるのはワクワクしました。
 
何点かお預かりして細部まで確認すると、大切に使用している中でもやはり触れたり水分などを拭き取る上でどうしても繊細な模様やパーツが変形していたり・メッキが薄くなっていたり・小傷なども多く見られました。
 
むしろ、100年近く使用してここまで綺麗なのも驚きです!!
 
 
小傷やメッキを磨き上げ下地を綺麗にしていきます
時間を掛けて丁寧にやっていますが模様が消えないよう無理はしません
 
磨きが終わったらゴールドにメッキして完成になります。
 
 
7〜8点お預かりした中に凹みやパーツの紛失などは修復できない部分もあり、ご予算の都合もあるのでできる限りの修復をさせていただき貴重な体験をすることができました。
この記事をシェアする
twiiter はてなブックマーク pocket

Related articleこの記事のあとによく読まれている記事

金属アレルギーについての事

お店づくりも遊び心

職人の繋がり

感謝!温かいお言葉とお花

道具と制作

飛沫対策のアクリルボード

全ての記事一覧へ
go top