blogmano manoの日々のこと

指輪のこと

2021.09.11 Sat

見る度に思い出が蘇る

 
 
プロポーズを思い出す
 
結婚指輪のデザインは奥様の意向で出来るだけシンプルにするため甲丸リングで
 
早い段階に決定!
 
 
mano manoサンプル「27)Marriage  コウマル」をベース
 
 
打ち合わせ時にサンプルの幅(3.25mm・3.43mm)では太い印象で
 
もう少し細くしたいとご希望をお伺いし
 
当初から1.3mmのペリドットを入れるのは確定していたので
 
それに見合った幅として完成が(2.4mm・2.9mm)になりました。
 
因みに、リング幅があまり細過ぎると甲丸のアールに宝石が入りづらく
 
リングの形が綺麗になりません。
マテリアルはK18PG(ピンクゴールド)
 
光沢仕上にする事でシンプルながら存在感のある結婚指輪になりました。
 
 
 
素敵な思い出の場所
 
旦那様ご指定の文字を内面に刻印することに
 
刻印内容に興味があった私は失礼ながら理由を聞いてみました
 
一世一代のプロポーズ場所として選んだ大切な駅名だと
 
それを聞いた時、本当良い文字を刻印されたなと思いました。
 
プロポーズ場所を刻印することでいつでもいい思い出が蘇るのではないかと。
 
 
いろいろお話をする中で自然体で仲のいいお二人の結婚指輪を作る事ができ
 
楽しい時間を過ごす事が出来ました。
 
 
 
mano manoではお二人との時間を大切にしたいと思い予約制でのご対応と
 
なっております、販売店ではなかなかご回答に時間がかかる内容も
 
職人が対応する事で余計な時間を省くこともでき
 
ちょっとしたニュアンスもその場で解決いたします。
 
来店後に気になった事や伝え忘れなど有るようでしたら
 
mano mano公式LINEにて直接やり取りできるようになっております。
 
 
mano mano公式LINE
QRコード
 
この記事をシェアする
twiiter はてなブックマーク pocket

Related articleこの記事のあとによく読まれている記事

gallery & priceに1組増えました

マリッジリングを選ぶポイント ~6~

婚約指輪のこと ~1~

指輪の作り方工程を少し ~1~

たくさんの方にご協力ありがとうございます!Vol.3

マリッジリングを選ぶポイント ~1~

全ての記事一覧へ
go top